怖い話で楽しく歴史のお勉強

怖い話を聞くと夜中に思い出してしまう。
この原理を利用して怖い話に歴史で覚えたいことを盛り込めば、簡単に暗記ができてしまうという原理である


これは私が体験した体験談です。
学生時代に元モデルの彼女とふたりきりで歩いていました。
すると前方から、なんと言えばいいのか、
例えるならマリア=テレジア(オーストリア)とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし
「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」
と 無意識の内に叫んでいたそうです。
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、フリードリヒ2世(プロイセン)、とでもいうような形に成りました。
フリードリヒ2世(プロイセン)はマリア=テレジア(オーストリア)を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り

「シュレジェン地方ゲット」

と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護霊のようなモノだったのでしょうか?
思い出すたびに震えてしまいます。
posted by この謎解けるかな? 一日限定 at 16:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい方法です!
しかしたったひとつ欠点が。。。
怖い話を思い出すのは夜、しかし試験は。。。
Posted by at
http://www.jpcoachsoutlet.com/ COACH アウトレット
http://www.jpcoachsoutlet.com/ コーチ アウトレット
http://www.jpcoachsoutlet.com/-c-43.html COACH 財布
Posted by COACH アウトレット at
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。